外貨預金 TOP

日本の市中銀行の金利は、定期預金であったとしても、やめて低い水準にあるといえます。バブル経済期においては、定期預金金利の平均が6.0%にま で達するような高金利でしたが、バブル崩壊後は続落していき、 1994年の時点ではまだ2.5%程度の平均値を保っていたものの、 95年から1.0%を下回り、それ以降は期間によって0.01%にすら達しない金利状態が続いています。

 

2000年代前半にはゼロ金利政策が実施されていましたから、それも無理はありませんよね。ただ、このような金利情勢というのは日本に限ったことで はなく、先進国であればどこでも直面している問題です。先進国の中で、政策金利を高く保っていられるのは、イギリスやカナダ、オーストラリア、ニュージー ランドなど鉱物資源が豊富な国に限られています。このような低金利状態のなかで注目されているのが、外貨預金です。

 

かつてのバブル期ほどの金利には至らないものの、国内の、とりわけネット銀行が取り扱っているような外貨預金を用いますと、 1.0%を上回るような金利設定のものが珍しくありません。先に述べたイギリスのポンド、オーストラリア・ニュージーランド・カナダのドルなどは、軒並み 高金利を期待できます。また、ブラジルレアルやトルコリラ、南アフリカランドなどの新興国においては、経済情勢が不安定であると言うネガティブな要素もあ るにせよ、かつての日本がそうであったように、経済成長のただ中にある状態であれば、高い政策金利を期待することができ、それに伴なって市中銀行の金利も 値上がりしています。

 

本サイトではそのような注目するべき外貨預金の諸側面について、解説を加えてきたいと思います。特に地方銀行やネット銀行などに焦点を絞って、説明 をしていきたいと思います。また、外貨預金をする前の基礎知識として現在銀行で主に取り扱われている通貨の事情についても、それぞれ見ていきたいとかんが えています。

 

外貨預金 30項目
01 外貨預金の知識
01-01 外貨預金はどこでする?
01-02 為替差益・手数料・利息
01-03 メガバンクにて外貨預金
01-04 信用金庫にて外貨預金

 

02 地方銀行で外貨預金
02-01 地方銀行にて外貨預金-1 京都銀行
02-02 地方銀行にて外貨預金-2 横浜銀行
02-03 地方銀行にて外貨預金-3 常陽銀行
02-04 地方銀行にて外貨預金-4 名古屋銀行
02-05 地方銀行にて外貨預金-5 東日本銀行
02-06 地方銀行にて外貨預金-6 福岡銀行
02-07 地方銀行にて外貨預金-7 関西アーバン銀行
02-08 地方銀行にて外貨預金-8 静岡銀行

 

03 ネット銀行で外貨預金
03-01 ネット銀行にて外貨預金-1 ジャパンネット銀行
03-02 ネット銀行にて外貨預金-2 住信SBIネット銀行
03-03 ネット銀行にて外貨預金-3 じぶん銀行
03-04 ネット銀行にて外貨預金-4 ソニー銀行

 

04 OECD諸国での外貨預金事情
04-01 外貨預金のための米ドル事情
04-02 外貨預金のためのイギリスポンド事情
04-03 外貨預金のためのスイスフラン事情
04-04 外貨預金のためのユーロ事情
04-05 外貨預金のためのオーストラリアドル事情
04-06 外貨預金のためのニュージーランドドル事情
04-07 外貨預金のためのカナダドル事情
04-08 外貨預金のためのトルコリラ事情
04-09 外貨預金のための韓国ウォン事情
04-10 外貨預金のためのメキシコペソ事情

 

05 その他の国々での外貨預金事情
05-01 外貨預金のためのブラジルレアル事情
05-02 外貨預金のための中国元事情
05-03 外貨預金のためのタイバーツ事情
05-04 外貨預金のための南アフリカランド事情

外貨預金の知識

外貨預金はどこでする?

外貨預金に興味あるけど、いったいどこで外貨預金をすればよいのでしょうか。外貨預金は、メガバンク、地方銀行、ネット銀行などで幅広く取り扱われています。また、信用金庫などでも、その取り扱いが行われています。

 

一般的に外貨預金の取り扱いに関しては、新興のネット銀行の方が、その取り扱いの幅が広く、さらには為替手数料も営業店舗を持つ銀行に比べて、 5分の1から10分の1程度低く抑えられているという傾向があります。ゆえに、金融評論家等は、一般の市中銀行に外貨預金を行う時代はもう終わった、など と言う人もいます。確かにそれは一理あるでしょう。

 

しかも、市中銀行からしても、とりわけメガバンクなどは、じぶん銀行に対する三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行に対する三井住友銀行、住信 SBIネット銀行に対する三井住友信託銀行などのように、ネット銀行に出資を行っていることから、自行で外貨預金の取扱がなされていなくても、そのネット 銀行での取扱高が増えることによって、総合的に見れば収益を確保できる、という構造にありますので、ネット銀行のほうの外貨預金にお金が流入したとして も、さすが大手と言うべきか、それもまたリスクヘッジされている、という現状があるわけです。

 

いっぽうで困るのは地方銀行や信用金庫でしょう。地方銀行や信用金庫では、その地域の実情に根ざした金融サービスを展開することが期待されていますが、インターネット時代にあって、これら外貨預金におけるサービスに対する進退も注目されるところです。

 

為替差益・手数料・利息

外貨預金に関しては、為替差益、手数料、利子所得という、大きく3つのお金が関わってきます。この3つのお金の計算の仕方を間違えると、一見すると 特攻しそうな外貨預金商品であったとしても、結果的にそうしてしまうということになりかねませんので、これらについての知識を身につけることが必要です。

 

まず、為替差益ですが、これは言うまでもなく、外貨預金をした当初の為替相場と、外貨預金を引き出す時点での為替相場との差分が、損と益のいずれか であるのか、ということを表すものです。益であるものを為替差益と言い、預金当初よりも円安が進むことによって、この差益が生じることになります。した がって、市況が円高傾向にある場合に外貨預金を出しまうと、為替差損を被ってしまうリスクが高くなるわけです。

 

次いで手数料というのは、円を外貨に換える際にかかる料金のことです。この為替手数料は営業店舗を持つ銀行と、その様な店舗を持たないネット銀行で大きく差があります。場合によっては10倍ほどの差がありますので、これについてもよく見ておく必要があります。

 

最後に、利子所得ですが、定期預金に期待されるこの利子所得も 、先に述べた為替手数料と為替差損によって帳消しになってしまう可能性がありますので、利子所得で得られる見込みの額と、予想される為替相場上での発生手 数料および為替差損とをシーソーにかけて、ある程度のリスクは承知のうえで、外貨預金をする必要があります。

 

メガバンクにて外貨預金

預金をするにせよ、お金を借りる店をまず念頭に浮かぶのが三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のこの3つのメガバンクなのではないでしょ うか。規模においても知名度においても日本トップクラスのこれらの銀行は、給与受け取りやクレジットカードの支払い口座などとして、メインバンクに指定さ れることが多いことかと思われます。メインバンクに指定していることによって、ことのついでにこのメガバンクを利用した外貨預金をしてみようと思うのは、 とても自然なことです。

 

実際、これはメガバンクでは、外貨預金商品を取り扱っていますので、その利用はしやすいと考えられます。ただ一点注意するべきなのは、外貨預金にお いて設計されている金利と、円と外貨を交換する際の為替手数料の額です。メインバンクにしている口座に外貨預金口座を作っておけば、口座の管理がとてもし やすいのは言うまでもありませんが、いっぽうで、利益を上げられなければ外貨預金をする意味がありません。

 

このように言うのは、メガバンクなどに比べて、新興のネット銀行などの方が外貨預金の金利が高く設定されており、なおかつ為替手数料が低く設定され ているという傾向があるためです。また新興の銀行とはいっても、有名大手ネット銀行では、これらメガバンクと密接に資本関係をもっていますので、自分のメ インバンクと、そう離れた金融機関に預け入れをするわけでもありません。このような部分への理解も、外貨預金をする際には必要になってくることでしょう。

 

信用金庫にて外貨預金

外貨預金を取り扱っているのは何も銀行だけではありません。全国の信用金庫の1部においても、外貨預金商品が取り扱われています。例えば、その規模 において全国トップである京都中央信用金庫においても、外貨預金商品が取り扱われており、 2013年5月時点では「中信オープン外貨定期預金」「外貨普通預金」「外貨定期預金」の大きく3つの外貨預金商品が用意されています。

 

中信オープン外貨定期預金に関しては、その払い戻しは日本円のみになるというサービスになっています。米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、イギリ スポンドなどを中心として、その取扱がなされています。また、ほかにも金沢信用金庫などでも、米ドルを預入通貨とした外貨預金サービスが提供されていま す。横浜信用金庫、高崎信用金庫、長野信用金庫、大阪信用金庫、岡崎信用金庫などなど、全国各地の信用金庫で外貨預金のサービスが実施されています。その 為替手数料に関しては、一般の営業店舗を持つ市中銀行と、同程度であると見ておいて良いでしょう。

 

もちろん全国の信用金庫はすべて外貨預金商品を取り扱っているというわけではありません。例えば、京都中央信用金庫に次いで2番目の規模を誇る城南 信用金庫においては、外貨預金は取り扱われていません。城南信用金庫は、カードローン商品を取り扱っていない独自の経営方針を貫く銀行ではありますが、信 用金庫というのは、そもそもが、その地域の実情に応じてサービスを展開している組織ですので、これらの事は珍しくありません。

外貨預金記事一覧

外貨預金商品の中で、何と言っても人々の目を引き、として実際人気商品であるのが、南アフリカランドです。およそ南アフリカランドの外貨預金を取り 扱っている銀行のラインナップの中では、この南アフリカランドはその金利の高さにおいて、トップの座を占めていることがほとんどです。南アフリカの政策金利は、現在では5.0%程度(2013年5月時点)です。 OECD加盟国などに比べれば非常に高い金利設定であることが伺...

東南アジアにおける発展目覚ましい新興国であり、また、インドネシアなどのように内紛が起こることが少なく、日本人の旅行先としても積極的にチョイ スされる国が、タイ(タイ王国)です。タイにおける政策金利は、ブラジルやトルコ、あるいは中国なるほど高い状態にはないものの、軒並み3.0%前後の間 を推移しています。下落傾向にあるわけでも、上昇傾向にあるわけでもなく、時に1.5%まで下がったり、 3%台にまで伸...

お隣の中国の政策金利は、なかなかに安定した水準で推移しています。日本が、世界第二位の経済大国の地位を中国に奪われてしまったという記憶は新しいですが、いろいろバブルの懸念を心配されながらも、経済成長を持続させているのが中国です。現在では6.0%前後の政策金利が実現されており、この政策金利は00年代前半のそれよりも、むしろ高い値になっています。中国元(人民元)建ての 外貨預金は、じぶん銀行などのネット...

外貨預金商品の中で、取り扱い金融機関がいくつかあり、高い金利で人気を博しているのがブラジルレアルです。ブラジルの政策金利はかなり高い値で推 移していて、驚くべきことに2008年の世界金融恐慌の影響を、鈍いかたちでしか受けていません。 2000年代後半23%前後で推移していた金利が、徐々に下落していき、現在では7.5%前後を推移しています。その下落の仕方を清めて滑らかであるということができます。ブラ...

南アフリカランドやブラジルのレアルなどのような、新興国の通貨というのは、外貨預金商品として人気が高いわけですが、その中のメキシコのペソを加えても良いかも知れません。メキシコの政策金利は、すくなくとも、 OECD加盟国の中では、高い水準で推移していると言うことができます。金融恐慌以前は7%以上の高金利を実現しており、恐慌以降、現在においても 4.0%以上の金利となっています。ただし、年々下落傾向には...

日本とは政治的に色々とゴタゴタがある国が、お隣の韓国ですが、同時に民間レベルでは友好国・経済提携国であり、今後の関係性に期待が高まります。 さて、この韓国における政策金利は、日本はもちろんのこと、米国やイギリス、ヨーロッパ中央銀行のそれと比較しても高い水準にあり、現在では3.0%前後 を推移しています。ちなみに世界金融恐慌以前は4.5%前後となっていました。韓国ウォンを外貨預金としてとり扱っている...

外貨預金の商品の中において、ブラジルレアルや南アフリカランド、といった新興国通貨のなかに紛れて、徐々に注目されつつあるのがトルコのリラで す。トルコと言う国は親日国としても有名であり、中央アジアとヨーロッパの狭間にあって、日本人が旅行に行く国としても、よく候補に挙げられます。このトルコの政策金利は非常に高い水準にあり、世界金融危機以前にはなんと15.0%以上の金利設定となっていました。それが金融危...

オーストラリアドルやニュージーランドドルの人気の陰に隠れながらも、地味に高金利を実現しているのがカナダドルです。実は体は世界有数の鉱物資源 国であり、ニッケルや亜鉛、銀等の生産高は世界トップレベルです。往々にして、インフラが整備されていて、なおかつこの世の鉱物資源に恵まれている国とい うのは、高い政策金利が維持される傾向にあり、カナダもまた例外ではありません。カナダの政策金利は2008年の世界金融...

オーストラリアと並んで、オセアニア地域の盤石の通貨として知られているのが、ニュージーランドドルです。ニュージーランドは、世界金融危機以前 は、なんと8.0%以上のかなり高水準の政策金利が実現されていました。これが金融危機によって暴落し、現在に至るまで、およそ2.5%前後の、政策金利 を推理しています。かつての発言0%の金利に比べればかなり低い値ですけども、先進各国の中で比較をしてみれば、非常に高い...

外貨預金商品の中で1番人気があるものの1つはオーストラリアドルです。南アフリカランドや、ブラジルレアルなどのように新興国の通貨ほどには高い 金利設定ではありませんけども、先進国として位置づけられながらも、その高い鉱物資源の採掘力によって、安定した金利が実現されている通貨であると言える でしょう。新興国通貨の高金利というのは、日本はかつてそうであったような、その国の著しい経済成長に支えられているので...

地中海諸国や南欧諸国の経済情勢の悪化は、連日ニュースによって報道されており、このことから見ても、 EUにおける経済状況は芳しくない事がうかがい知れます。 EUの統合通貨であるユーロは、米ドルやポンドなどに並ぶ、世界の基軸通貨であり、日本国内の銀行であればほとんどどこでも米ドルと一緒に外貨普通預金、 外貨定期預金として取り扱われているものです。ヨーロッパ中央銀行の政策金利を見てみますと、世界各国と同...

小国でありながらも永世中立国と言う独特のポジションによって、日本での知名度が高い国が、スイスです。ヨーロッパ大陸の内陸部に位置していながら、その永世中立というスタンスからEUには属していません。このスイスにおける政策金利は、実は日本やアメリカと同じく、 2011年の8月以降はゼロ金利が適応されています。他国と同様、とりわけ2008年の秋口における金利の暴落が著しく2.0%代後半であった金利は、一 ...

同じ英語圏・アングロサクソンではありますけども、イギリスポンドは、米ドルに比べると、その取り扱われている店舗が国内においてはそこまで多くは ありません。イギリスポンドも立派な世界の基軸通貨の1つです。そして、カナダやオーストラリア、ニュージーランドなど、先進国としての経済システムや世 界史してももちながらも、同時に鉱物資源にめぐまれているような国が往々にして高い政策金利を実現できる例にもれず、イギ...

米ドルは世界の基軸通貨であり、日本における外貨預金商品の中心を担っていると言っても過言ではありません。ただ、この米ドルに関しては、少なくと も営業店舗を構えているようなメガバンクや地方銀行などでの取り扱いにおいては、定期預金で後年も一年もので0.01%というような金利になっています。この0.01%という金利は、同じ市中銀行が0.025%で、円定期預金を組んでいるということを考えると、あまり割に合う...

ネット銀行にて外貨預金-1 ジャパンネット銀行ネット銀行と言う呼び名は、今では非常にオーソドックスなものになりましたが、これは金融庁が分類するところの新たな形態の銀行にあたる銀行です。 この新たな経済の銀行の第一号店として華々しくデビューしたのが、三井住友銀行や、東京電力などそうそうたる大企業がその設立に関わったジャパンネット銀 行です。ネット銀行と言えば、外貨預金の取り扱いに強みを見せることで知...

地方銀行にて外貨預金-1 京都銀行地方銀行の中でトップ10に入る資産規模を有する関西の地方銀行が、京都銀行です。その預金量は2012年時点で5兆円を超えており、また貸出残高 も4兆円を超えている、京都の経済を支える大手銀行です。京都銀行では、外貨定期預金が取り扱われており、金利が優遇される「金利プラン」と為替手数料の 優遇がある 「相場プラン」の2つから選択することができます。金利プランは、窓口、...