ネット銀行で外貨預金

ネット銀行にて外貨預金-1 ジャパンネット銀行

ネット銀行と言う呼び名は、今では非常にオーソドックスなものになりましたが、これは金融庁が分類するところの新たな形態の銀行にあたる銀行です。 この新たな経済の銀行の第一号店として華々しくデビューしたのが、三井住友銀行や、東京電力などそうそうたる大企業がその設立に関わったジャパンネット銀 行です。

 

ネット銀行と言えば、外貨預金の取り扱いに強みを見せることで知られています。取引コストの少なさから、営業店舗を持つ市中の銀行に比べて、なかに は数倍の金利をつけるところや、数分の1の為替手数料で取引を行っている銀行が見られます。さぞかしジャパンネット銀行もお得な条件で外貨預金は取り扱え るのだろう・・・と思っていたら、意外なことにジャパンネット銀行では、外貨預金の取り扱いはいまのところ(2013年5月時点)行われていません。

 

ただ、ジャパンネット銀行では、外貨預金の取り扱いは行っていないものの、 FX商品「JNB-FX PLUS」という商品が取り扱われています。すこの商品では米ドルやユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドルなどに加え、シンガポールドル、ノ ルウェークローネ、南アフリカランドなど多様な通貨が取り扱われていま。FXは皆さんご存知のように、短期間で大きな利益を上げられる可能性を持つ商品で すが、その反面、短期間で大きな損害を被る可能性もあります。他の銀行の外貨預金商品などと比較しながら、ジャパンネット銀行が取り扱うFX商品を吟味し てみるのがよいでしょう。

 

ネット銀行にて外貨預金-2 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、 SBI証券における株式の取引や、FXの取引等との連動サービスでよく知られていますが、外貨預金の取り扱いにおける手数料の安さや金利の高さにおいても 非常に定評のあるネット銀行です。営業店舗を持つ銀行の場合、外貨預金の為替手数料と言うのは、米ドルの場合を例にとると、 1米ドル当たり片道1.0円という値が設定されることが多いのですが、この住信SBIネット銀行では片道0.09円と、およそ10分の1以下に、その手数 料が抑えられています。

 

これ米ドルだけではなく住信SBIネット銀行が取り扱うあらゆる通貨に対して、同様のことが言えます。ただ、定期預金の金利に関して言うと、米ドル の場合は0.05% 808%と言うように、営業店舗を持つ市中銀行とそこまで大きく変わりはありません。ただ、オーストリアドルの場合は、例えば1ヶ月物でいきなり 2.0%、 6カ月物で2.05%、そして1年もので、 2.2%というように、地方銀行やメガバンクなどにおいて、 1.0%前後である金利を大きく上回っています。ニュージーランドドルなどについても同様のことが言えますね。

 

さらに住信SBIネット銀行ではカナダドルや南アフリカランドといった、オーストラリアドルやニュージーランドドル以外の高金利通貨のプレ使ってい ますので、その選択し、幅が広がります。とりわけ高金利であることが有名な南アフリカランドの取り扱いは、業者にとっては非常にありがたいと言えるでしょ う。例えば10万南アフリカランド未満であったとしても、 1年物でなんと5.0%の金利が期待できることになります。

 

ネット銀行にて外貨預金-3 じぶん銀行

三菱東京UFJ銀行をその背後にもつネット銀行として有名なのがじぶん銀行ですが、このじぶん銀行は、外貨定期預金と外貨普通預金のランナップをも ちます。外貨普通預金では米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、ブラジルレアル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランドの8つの通 貨が取り扱われており、定期の外貨預金では、ここから韓国ウォンを差し引いた、7つの通貨が取り扱われています。

 

その金利を見てみますと、例えば高金利として人気が高いオーストラリアドルでは1万オーストラリアドル未満で1ヶ月物は1.6% 、 1年物は1.85% 、というような金利になっています。営業店舗を持つ銀行ではあまり取り扱われることのない中国元なども、実は円預金金利に比較すれば、なかなかの高金利で あり、 10万元未満ですと、 1ヶ月物で0.2% 、 1年物で0.5%というような金利になっています。日本の円預金金利のおよそ8倍以上、というような数字ですね。また、南アフリカランドも大人気商品です が、こちらは預入金額に関わらず、1ヶ月物は3.0% 、 6カ月物は3.65% 、 1年物は3.7%という数字になっています。

 

またじぶん銀行ではネット銀行らしく、為替手数料が低く抑えられており、通常では1米ドル当たり1.0円ほどかかる片道の為替手数料も、じぶん銀行 の場合は1米ドル当たり0.25円、ユーロも同様に0.25円。また、南アフリカランドは0.2 円、中国元も0.2円というような数字になっています。

 

ネット銀行にて外貨預金-4 ソニー銀行

ネット銀行としてかなり早い段階から設立されていたのがソニー銀行ですが、このソニー銀行でも外貨預金商品が取り扱われています。

 

ソニー銀行の外貨預金商品も特徴的な点は、その取り扱い通貨の多さです。たとえば、高い金利と低い為替手数料で有名な住信SBIネット銀行では、 9種類ほどの通貨が取り扱われていますけれども、ソニー銀行では、 12種類の通貨が取り扱われています。米ドル、ユーロ、イギリスポンド、ニュージーランドドル、オーストラリアドルまではどこの銀行でも取り扱っています が、これに加えてカナダドル、香港ドル、スイスフラン、人民元、南アフリカランド、スウェーデンクローナ、ブラジルレアルといった通貨もまた、預入の対象 に踏まれているわけです。

 

そして、さすがネット銀行と言うべきか、やりソニー銀行の外貨定期預金などの金利は高水準にあるといえます。例えば地方銀行などでは0.01%とい うような金利設定がなされることも大いにユーロ閲覧も、3カ月物で0.03% 、 6カ月物で0.05% 、 1年物で0.07% 、 3年物で0.09%というような金利設定が出されています。ただし、その預入金額にかかわらず金利が同じであるという点は、他の銀行と変わりありません。

 

ソニー銀行の外貨預金でいちばん高いところでは、やはり南アフリカランドを上げることができ、10万ランド未満では、 6カ月物で3.825% 、100万ランド以上では、同じ6カ月物で3.975%と、ほとんど4.0%に近いような金利が実現されています。

関連ページ

外貨預金のための南アフリカランド事情
外貨預金のための南アフリカランド事情
外貨預金のためのタイバーツ事情
外貨預金のためのタイバーツ事情
外貨預金のための中国元事情
外貨預金のための中国元事情
外貨預金のためのブラジルレアル事情
外貨預金のためのブラジルレアル事情
外貨預金のためのメキシコペソ事情
外貨預金のためのメキシコペソ事情
外貨預金のための韓国ウォン事情
外貨預金のための韓国ウォン事情
外貨預金のためのトルコリラ事情
外貨預金のためのトルコリラ事情
外貨預金のためのカナダドル事情
外貨預金のためのカナダドル事情
外貨預金のためのニュージーランドドル事情
外貨預金のためのニュージーランドドル事情
外貨預金のためのオーストラリアドル事情
外貨預金のためのオーストラリアドル事情
外貨預金のためのユーロ事情
外貨預金のためのユーロ事情
外貨預金のためのスイスフラン事情
外貨預金のためのスイスフラン事情
外貨預金のためのイギリスポンド事情
外貨預金のためのイギリスポンド事情
外貨預金のための米ドル事情
外貨預金のための米ドル事情
地方銀行で外貨預金
地方銀行で外貨預金