ローン会社でお金を借りよう

ローン会社はこんなにある

ところで皆さんはローン会社がいくつくらいあるかご存知ですか?CMなどを流している会社だけでも数社ありますが、インターネットを覗いてみると実にたくさんの会社があるのです。ざっと数えても数十社はあると見ていいでしょう。その中からこの会社で、と選ぶのは至難の業です。まずは大手ローン会社から調べてみるといいでしょう。なぜ大手ローン会社が良いかというと、多くの融資実績を持っているからなのです。ですから、いろいろな申込者の要望にスムーズ且つスマートに応えることが出来るのです。これが大手ローン会社の素晴らしいところです。小さめの会社でもインターネット完結型の会社がほとんどです。また、女性スタッフだけで運営する女性のための専用ローン会社も存在しています。他にも最近注目されている銀行系カードローン会社まで入れたら、それこそ数え切れないほど全国各地にローン会社があることになりますね。こんなにもあるのか、と驚いてしまいますよ。まずは、インターネットでいろいろ調べてみてください。そしてご自分に合ったローン会社を選択してみてください。大手の最大のメリットは審査スピードの速さです。前述のデータベースを活かしたスムーズな審査ができるのが特徴なのです。そのうえ多くの実績を持っている分、融資希望者に決め細やかなサービスができるのが特徴です。だから安心して融資を申し込めるのですね。

 

 

まずはシミュレーションから

ローン会社へ申し込む前に、まずはシミュレーションしてみましょう。シミュレーションに必要な情報は、生年月日と年収、そしていくら希望かという3ステップです。そうするとわずか数秒で借り入れ可能か表示がされるのです。このシミュレーションに入力する項目は会社によってちょっと違いますが、この3ステップだけはどこの会社でも入力するものです。なぜか、生年月日である程度その方の情報を把握出来るのです。それと年収が総量規制を超えないかというものを把握するのに年収が必要になってくるのです。次に返済シミュレーションを見ていきましょう。ここでは年収等は関係ありません。例えば50万円借りたときにいくら毎月返済したらいいのか、という情報がすぐに計算されて画面に表示されるのです。これなら借りる前に収支との見比べ等が容易にできるので非常に便利ですね。自分の収入に見合った借り入れ額を設定するのに役に立ちます。こうしてシミュレーションしたデータはそのまま本申し込みに反映されるので、一部入力が省略できるので急いでいるときなども助かります。このように各社本申し込み前に借り入れや返済のシミュレーションが出来るようになっているのです。シミュレーションすることによって、自分がいくら融資してもらえるかが容易に分かるようになっているのです。また返済額を知ることによって借りすぎて払いきれなくなる、といった借り倒れも防止できます。まずはシミュレーションしてみましょう。

 

 

申込から借り入れまで

では実際の申し込みの流れを見ていきましょう。シミュレーションにて返済額や借入額が分かったら本申し込みをしましょう。まず入力するのは、氏名や生年月日などの個人情報です。この氏名や生年月日を入力することで、審査時の大きな判断材料となるのです。次に勤務先や年収を入力していきます。これにより、この人にはいくら融資枠を作ろう、という判断をします。最後に他社からの借り入れが何件でいくらあるかです。これは総量規制の対象となっているため、他社からの借り入れが多いのに、もう1社借り入れするときに総収入から3分の1を超えないかなどのチェックをするために必要な項目です。こういったものを入力して送信します。そうすると、即座にあなたの入力したデータは審査にかけられます。審査を進めていき何も問題がなければ即時表示で借り入れ可能と出ますし、何かしら問題があればそこで審査は終了します。そしてお断りのメッセージがメールにて送られてくるのです。こうして問題なく審査が終了したら、次は本人確認書類を送ることになります。FAX送信だったり、スマートホンのアプリなどを利用して送ればいいのです。正式な書類は最初の振込み後に送られてきますので速やかに返送しましょう。本人確認書類がちぇ聞くされれば後は指定した口座に融資金が振り込まれるのです。これも振り込みましたという連絡が来ます。あなたはATMから借り入れを行えばいいのです。ローンカード等は後日申込書と一緒に送られてきます。本申込書の返送だけは忘れないようにしましょう。

 

 

必要な書類とは

では申し込みの際に必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか?まず本人確認書類といわれるものです。具体的に挙げますと、運転免許証であったり健康保険証です。ただし健康保険証の場合は公共料金の領収書が合わせて必要になってくる会社がほとんどですので用意しておきましょう。100万ないし200万円を超える融資を希望するときには所得証明が必要になってきます。この所得証明というものは、前年度の申込者の総収入を証明する書類で、役所に行けば簡単に取得できる書類です。もし高額融資が必要な場合はあらかじめ用意しておいてから申し込みをするといいでしょう。その他、身分証明がもし審査で足りないときはもう1種類必要な場合などもあります。滅多にないとは思うのですが、書類は1種類あれば大抵の方は問題なく審査は進むでしょう。なぜ本人確認書類が必要なのでしょうか?ローン会社からお金を借りるときは基本的に無担保、保証人不要なのがほとんどです。そのため、本人を保証する書類として本人確認書類が必要となってくるのです。これをある種の担保代わりにして審査が進むのです。稀に保証人を要求されるときがあります、ほとんどはないと思うのですが。以上のような書類を用意して本申し込みをしましょう。昔は目の前で提示するのが当たり前でしたが、今は電子化して送ればいいのです。非常に簡単になりましたね。電子化しても画質が劣化しないのが最近の通信技術です。ですから、FAX送信やメールで送信が一般的になってきたのです。

 

 

即日融資の会社が多い

では実際にどのくらいのスピードで融資が行われるのでしょうか?クレジットカードのキャッシングですと、審査までに数日かかるのが普通でしたが、ローン会社の審査は遅くとも即日には審査結果が出ます。そして指定口座へ振込みされるのです。どうして即日審査が可能なのでしょうか?それは情報のデータ化です。あなたが入力したデータは即座にデータに反映されます。そして、あらかじめ用意されている信用情報機関へのデータ照会へと進みます。そこで問題がなければ後は各ローン会社の審査へ進みます。申込者の年収とか他社の借り入れ状況を信用情報機関の情報も合わせて審査していきます。そして融資枠が決定し、承認を経て申込者へ回答が出るのです。この間早ければ数秒、最高でも数時間で回答が出るでしょう。何か必要なときはあなたの指定した連絡先に電話がかかってきたりメールにて連絡があります。あなたは追加書類を用意したり所得証明などの書類を追加で送るのです。これはFAXなり電子化して送ればいいので簡単です。審査スピードがこれだけ短縮できたのはやはりデータ化された情報でしょう。それに当てはめていくだけで簡単に審査が終了するのです。通常の審査終了までの時間は約30分です。いかに早いかがわかりますよね?データ化された分だけ情報が早く照会出来るのです。そして審査が素早く完了するのです。信用情報機関への情報は日々更新されています。それを吸い上げることも容易に出来るのです。

関連ページ

カードローンに使い勝手のよいオリックス銀行
ローン会社とは
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
商品を知ろう
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
銀行系カードローン
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
金融マメ知識
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
ローン会社あれこれ
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
金利タイプ別に見る住宅ローンの特徴
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション