金融マメ知識

総量規制とは

2010年の貸金法の改正により、一般のローン会社やクレジットカードのキャッシングなどは総収入の3分の1までしか融資を受けることができなくなりました。これを総量規制といいます。よくローン会社に融資を申し込むときには他社借入が何件あっていくらあると入力しますよね。それが総量規制に当たるかどうかを確認するものなのです。ローン会社などはそういった申告を元に審査して融資枠を決定しているのです。一方銀行系カードローンはこの総量規制の対象外です。なぜかというと、銀行が直接貸付を行うものは総量規制の対象にならないのです。医療費の緊急貸付などがその例です。この総量規制の制定により、多くのローン会社が倒産しました。いわゆる貸し倒れというやつです。大手などは貸し倒れを防ぐために素早くこの規制に対応しました。一方で、銀行系カードローンに注目が集まったのはこの総量規制に当てはまらないからなのです。お金をできるだけ低金利で借りたい人にとって、この銀行系カードローンは非常に魅力ある商品だったわけですね。だからといって借りすぎは、結局自分が後で苦しむ結果となりますのでお勧めしません。何事も収支バランスをよく考えた上で、返済シミュレーションをよく検討した上での利用をお勧めします。たくさん借りすぎてしまった挙句、返せない(借り倒れ)ことだけは避けたいですからね。このように、総量規制というものがあるということはお金を借りる際に知っておいたほうがいい情報です。

 

 

信用情報機関

信用情報機関とは、その名のとおり個人の信用情報を扱う機関であります。どんな情報を扱っているかといいますと、個人の今までの借入状況や年収などの情報や、クレジットやローン会社への申し込み状況、合否の結果など多岐にわたっています。あなたが今までローン会社に申し込んだ記録は全てこの信用情報機関へ履歴として残るのです。ですから申し込み時に他社0件と書いてもすぐにわかってしまうのです、記録として残っているのですから。そのためにも、申し込み時にはきちんと他社がいくらあってということは記載したほうがいいです。信用情報機関への記載は5年が最長とされています。またローン会社などがわざと借りられないように事故録(返済遅れなどの記録)を残している場合もあります。これが曲者で、これのおかげで審査に影響を及ぼすこともあるのです。出来るだけ信用情報機関の記録はクリアにしておいたほうがいいですね。この信用情報機関の記録閲覧は個人でも出来ます。オンライン閲覧だったり郵送による閲覧、窓口に出向いての閲覧など方法もいろいろです。まずは信用情報機関で調べてみましょう。オンラインでの閲覧は一番早いですが、クレジット決済が必要になってきますので、もっていない方は郵送閲覧がいいでしょう。自分の情報を知るいいチャンスですよ。ローン会社などでは、この信用情報機関の情報も審査段階で判断材料として取り入れているのです。相手が消さない限り履歴は一生残ります。

 

 

審査の流れ

ローン会社に申し込みをしてから審査がどのように進んでいくかをみてみましょう。まずあなたが申し込んだ情報がデータに反映されます。そして信用情報機関のデータベースに照らし合わせます。そこで今までの履歴や借入状況などをチェックされます。そこで問題がなければ、今度はローン会社社内での審査となります。この人にはいくら融資枠を作ろうか、いくらなら月々返してもらえるかなどを検討するのです。そして融資枠も決定した時点で、申込者であるあなたにいくら融資枠が出来ましたという結果がでてくるのです。そして指定口座にあなたの希望した金額が振り込まれるシステムとなっております。このような流れで審査は進めていくのです。審査の途中で、例えば信用情報機関に照会をかけたときに問題が見つかったりした場合は審査はそこでストップします。そして確認の電話が入ったり、この人は信用情報が会社内の規定で問題ありと判断された場合はお断りの連絡が入るわけです。これはメールで返ってくるのがほとんどです。数秒で返ってくる会社もあると前述しましたが、これはマニュアルや信用情報機関の情報が既にデータベース化されており、申込者が送信をした時点ですぐにデータが反映されて自動的に審査が完結するために融資可能かという結果が即座に反映されるわけです。だから速いのですね。このように、審査は今はデータベース化されているおかげで速いのです。30分審査が可能なのはここにあるのですね。

 

 

変動型リボルビング方式とは

変動型リボルビング方式とは、その人が借り入れた金額に応じて毎月の返済額が変わる方式の事を指します。例えば、50万融資枠があるうち、ある月は5万円しか使わなかったが次の月はトータルが15万円になった、このような時は最低返済額というものが決まっており、5万円しか使わなかった月は1万円の返済でよかったものが15万円使った月は2万円返済してください、といったように毎月の返済額が変動する事を指します。しかし、15万円以上借りていなければ金額は2万円のまま固定でずっと返済していけばいいのです。これがリボルビング払いといわれるものです。また借入額が増えると最低返済額も変動して上がります。しかし毎月ばらばらになるわけではないのです。借入額に応じて返済額が変わる、とだけ覚えておけばいいでしょう。毎月の借入状況はインターネットでいつでも見ることができます。返済額もそれに応じていくら、と決まってきます。返済日連絡機能がある会社ではあなたは今月いくら返済してください、といった内容のメールが来ますのでその資金を用意すればいいのです。決して返せないような金額が来ることはまずないとは思いますが、銀行系カードローンなどは大口融資が出来る分、最低返済額も大きいので借りる際には注意が必要です。自分の収入を超える貸付はローン会社側が行わないとは思いますが、万が一融資枠が最大限まで設定されたとしても、いざというときの保険代わり程度に考えておいたほうがいいでしょう。

 

 

収支のバランスを考えて

何事もそうですが、収支バランスはしっかり考えておいたほうがいいと思います。例えば銀行系カードローンで大口融資を受けたのに、それだけでは足りずに一般のローン会社からも借り入れてしまった、結果月々の返済額が自分の返せる範囲を超えてしまった。これはいわゆる借り倒れというものになります。これでは返済すらままならなくなります。貸金法の改正により厳しい取立て等はなくなりましたが、毎月の返済は返さない限りかさむばかりです。会社によっては裁判を起こされかねませんので注意しましょう。自分の返せる範囲での借入なら問題はないと思いますが、ついあれこれとショッピングやキャッシングをしてしまい、リボルビング払いだから毎月一定だ、と考えて使っている方もいますが、多くの会社は1回払いを求めてきます。分割は認めない会社が多いのですね。それだけ利息もつきますし、会社側もあまり長く返済にかかるのは止めてほしいわけです。その分1回なら金利も少ないですし次の月には引き落とされて元本も戻ってきますので好都合なわけです。一方の支払った側も、1回払いで使いすぎに注意して資金も用意しておけば問題なく支払いも出来ますね。キャッシングもこれに当てはまると思うのです。しっかりと収支バランスを考えて毎月利用すれば、キャッシングはあなたにとって強い味方となってくれるのです。決して借り倒れの無いようにだけは気をつけて利用したいものです。賢く使ってしっかりと返済していきましょう。

関連ページ

カードローンに使い勝手のよいオリックス銀行
ローン会社とは
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
ローン会社でお金を借りよう
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
商品を知ろう
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
銀行系カードローン
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション
ローン会社あれこれ
住宅,カード,教育,フリー, 返済シミュレーション